MASS 共同利用 メンテナンス記録

MASS共同利用

MASS共同利用 メンテナンス等の記録

燃焼管還元管廃棄

毎年恒例、EAで使用した管の廃棄のために数えました。

         昨年  本年

通常管 酸化管 41本  27本

    還元管 43本  26本

細管  酸化管  8本  17本

    還元管 8本  16本

合計   100本   86本

通常管が減り、細管の利用者が増えました。

f:id:cermass:20201006140732j:plain

燃焼管の上部にできる煤、今年は濃いものはありません。

f:id:cermass:20201006140907j:plain

クロム、コバルトが残っているものもあります。(画像一番右)

左から5本目のピンクのライン なんでしょう?

f:id:cermass:20201006141010j:plain

左が最近で右の方が古いものですが、酸化されからは必ずしも一定ではありません。

左から5本目、酸化管にピンクのラインがでていたもの、還元管には緑のラインが出ています。

 

f:id:cermass:20201006141209j:plain

細管も同様に下の方が新しいのですが、還元銅結構ギリギリ感あります。

 

cermass.hatenablog.com

PLUS不調

先週PLUS利用者立ち上げ後、アプリケーションの不調を訴えられ、たまたま立ち上げていたADVANTAGEと利用者交換。

バックアップファイルを使用して復帰。分析開始。

後半トラブルが起きて、中断。

今週、再立ち上げを行っているが、根本的ではないが、問題あるトラブルに気づいたので、お知らせします。

 

還元管から水トラップに繋がるステンレス製の配管がぐにゃり!

f:id:cermass:20200915111343j:plain

 

f:id:cermass:20200915111356j:plain

これは接続時に上から押さえるのを忘れて無理やり配管ごと回してしまったのでしょう。

#写真撮影時、できるだけ手でもどしています。実際にはもっと曲がっていました。


f:id:cermass:20200915111310p:plain

配管に負荷がかかっているので、継ぎ目からリークしたり、配管が曲がって詰まってしまう可能性が高いです。

 

微妙なリークがとまらず、念のためとステンレス配管を切って、繋ぎ直しました。

f:id:cermass:20200915111637j:plain

ついでに、前回、穴を通すのを忘れてつないでしまっていたので

EA配管の詰まり_還元管ー水トラップ間 - MASS共同利用

今回は忘れずに、穴を通しました。これで、扉を閉められます。

 

くれぐれも管交換の際にはこの配管に負荷をかけないようにご注意ください。

 

#PLUS別の箇所が問題なようで、本日現在復帰できていません。。。。。

 

安定同位体生態学ワークショップ2020 募集開始

例年とは色々と変わりますが、今年もワークショップを開催予定です。

基本的にはこちらにきていただかなくてもできるように計画しております。

期間は9月末に事前資料の配布開始、10月後半に分析、11月初旬にデータ解析を行っていただく予定です。

参加申し込みの締め切りは2020年7月31日となります。

ご興味のある方はご覧くださいませ。

 

www.ecology.kyoto-u.ac.jp

 

尚、脱窒菌ワークショップも11月の開催を検討中です。

決まり次第お知らせいたします。

 

共同利用再開決定

本日の日本政府および滋賀県の移動解除に伴い、当センターでの共同利用の受け入れを再開いたします。
ご利用予定の皆様にはご迷惑をおかけいたしました。

新型コロナウイルス COVID-19への対応に関して】
本日現在の共同利用の方針は以下といたします。
急なスケジュール変更となる可能性がありますので、ご承知おきください。

◉各人の所属機関の方針を遵守してください。
◉利用者ご自身に発熱等の風邪症状が見られる場合もご利用をご遠慮ください。
利用者の人数は最低限でお願いします。実験室内に同時に居るのは2名までです。
また精密天秤室は換気ができませんので、定員1名とさせていただきます。
◉建物入り口、MASS部屋の入り口、トイレなどにアルコール消毒液を常備しておりますので適時、ご利用ください。
◉これまで実験用のマスクを実験室に常備してご利用の皆様に供給してきましたが、昨今の状況によりマスクの入手が難しくなっております。各自でマスクをご準備ください。
また、館内ではマスクの着用をお願いします。
◉当センター内および共同利用者に新型コロナウイルス感染者が出た場合は、当センターはいったん閉鎖となり共同利用も停止いたします。
◉当センター利用後、新型コロナウイルスの感染が判明した場合は速やかに連絡をお願いいたします。

以上、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

 

精密天秤部屋の性格上、換気ができません。

定員1名と厳しくなっております。

f:id:cermass:20200619144030j:plain

定員1名



【ワークショップに関して】
安定同位体生態学2020ワークショップ
EAを用いたワークショップは当初9月に1週間連続で複数名での開催を予定しておりましたが、現在10月、11月にオンラインで開催を計画中です。
サンプルを郵送していただき、こちらで測定した結果を送信、それをもちいて議論していただく予定です。実際にこちらに来ていただく方は希望者のみで日にち人数を限定いたします。
詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

脱窒菌ワークショップ
当初5月に予定しておりましたが、こちらは上記EAのワークショップ終了後の11月、12月の予定です。
こちらも基本オンラインで行います。

閉鎖終了

昨日5/14に緊急事態制限の解除および休業依頼の解除が行われました。

本日、MASSの立ち上げを開始しました。

 

しかし、滋賀県からの要請により、少なくとも5月中は県をまたぐ移動はできません。

今月中は当センター構成員のみでの使用に限定させていただきます。

 

また、各実験室に付き2名以内等、人数を増やさずに行なっていく予定です。

 

今後の変化がありましたら、お知らせいたします。

 

閉鎖のお知らせ

平素より当センターの運営に多大なご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 
当センターは滋賀県からの要請により、新型コロナウイルス感染拡大防止のため4月27日(月)より当面の間閉鎖することになりました。
 
本日、各IRMSの電源を落としました。
 
共同利用再開の目処が立ちましたら、改めてご連絡いたします。
何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
改造等は自己責任でお願いします。